××
×

わが子にあう塾を見つけるサイト

適性検査問題を評価する

2018年2月19日

森上教育研究所 公立中高一貫 特任研究員  若泉 敏


都立ではないので適性検査問題はすべて自校作成問題。

放送問題は2016年以後出題がなく、今後も当分出されないとのこと(広報担当)。

明らかに時事問題といえるものは今年も見当たらない。

コンパスと定規を使用する作図問題は、昨年検査3で使用したが、今年は検査2に戻した。

全体として、検査時間45分、ページ数、大問数および問題の難易度傾向は、いずれも昨年を踏襲した。変化したのは検査1の小問数で、2年続いた6問が10問に大幅増加である。


適性検査Ⅰ

2018年度検査1は国語。今年は[大問1]で課題文として詩を取り上げた。

[大問1]は、高村光太郎の詩「手紙に添えて」(18行)とその詩を解説した文章である萩原昌好編「日本語を味わう名詩入門 高村光太郎」(約600字)を読み、4つの読解問題に答え、最後の〔問5〕で身近な「自然の美」から考えたことを50~60字で書く。[大問1]の作文にみられる解答形式は、都立中6校の独自検査Ⅰでみられる作文の形式と同じである。しかし文字数は「60字まで」と少ないのが区立九段の特徴である。


[大問2]は、光嶋裕介 著「建築という対話」(約2000字)を読み、筆者が感じたことや筆者の行動の理由など4つの問いに答え、最後の〔問5〕で作文を書く。作文は第1段落で筆者の考えを説明し、第2段落で筆者の考えを踏まえて自分はどう考えるかについて、体験や見聞したことを交え200~240字で書く。

2015年以前は、検査1の課題文は論説文か随筆と決まっていたが、2016年からは[大問1]で小説または韻文など文学的文章を題材とするようになった。

また、今年は問題内容が昨年と入れ替わり、検査2で理数系問題、検査3で社会系問題となった。一昨年までの内容順に戻したわけである。


適性検査Ⅱ

検査2は、理科と算数を中心に構成。

[大問1]で沖縄県の野生動物、ヤンバルクイナとマングースを取り上げ4問出題。区立九段は日本各地に生息する動物の特徴や実態を題材にする傾向がある。例えば2012年の東京都小笠原の海鳥など。

[大問2]で雪の結晶から考えた形や数字の規則性に関する問題を3問出題。どの問題も途中の式をすべて書かせている。「すべて」というのは筆算など計算一つ一つを指しているのではない。考えたプロセスを記述する式を要求している。資料や条件となっている数字をどのように使って考えたか、立式を通してコンパクトに表現していく、この点は日ごろの問題練習でも心掛けなければいけない。


[大問3]では折り紙と立体図形に関する問題が3問。〔問2〕は、正四角錐の高さの部分が、折り紙を広げた展開図のどの部分の長さと等しいか見つける問題で、立体と展開図という「異なるものの中から同じものを発見する」論理的思考力を問う良問となっている。〔問3〕は、折り紙の頂点の移動と作図の問題。この場面でコンパスを使用する。様々なパターンを示した図が出ているので触れたことのない受検生でも考えていけるようにはなっているが、点の軌跡とレンズ型の問題であることから、私立受験生に有利な問題と言えよう。


適性検査Ⅲ

検査3は、社会と理科を中心に出題。

[大問1]は、東京とロンドンの天気の比較を発端にして貸し傘のサービスを題材にしてゆくストーリー性の高い問題。

[大問2]は、東京オリンピックを題材にして、1960年代から今日までの社会の変化を考える。[大問3]は、アイスクリームを取り上げ家庭科の視点と理科の視点からそれぞれ4問を出題。最後の〔問4〕は、会話文に書いてある予想を確かめるために、どのような計画を立てるか? 材料の中から自分で必要な量を決め、水にとかす糖の種類と量にふれながら、数値を使って説明する。バリエーションは多く考えられるが、書くスペースはそれほど多くないので、結果がはっきり出るように決めればよい。その際忘れてはならないのが[資料5]の利用である。この点の指摘はないので注意を要する。良問である。


こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

若泉 敏
スクールETC代表、森上教育研究所 公立中高一貫校特任研究員
福井県生まれ。私立学校教諭、中学受験専門大手進学塾講師を経て、82 年に「スクール ETC」を開塾。
OECD(経済協力開発機構)の PISA(生徒の学習到達度調査)と公立中高一貫校適性検査問題の関連性を初めて指摘。全国の公立一貫校適性検査問題を類型別に分類し、各メディアから注目を集める。適性検査問題分析の 第1人者として、講演や取材多数。

全国の公立中高一貫教育校と教育委員会を精力的に訪問取材しており、検査問題の分析を通して、公立中高一 貫校の運営や教育行政に改革提言も。
  • ×

PAGETOP