××
×

わが子にあう塾を見つけるサイト

適性検査問題を評価する

2017年2月20日

森上教育研究所 公立中高一貫 特任研究員  若泉 敏


東京都立学校ではないので、区立九段の適性検査問題は全て独自問題となる。

全体として、ページ数、小問数および難易度、ともに昨年を踏襲した。

放送問題は当分出題されない。

かつて出題のあった時事的な課題や話題を題材とする問題も見当たらない。

コンパスと定規を使用する作図問題は、例年適性検査「2」で出題していたが、今年は検査「3」で出題があった。


適性検査Ⅰ

検査1は国語。[大問1]と[大問2]で、課題文と問題形式は異なっている。

[大問1]は、今年も昨年と同じく小説を出題。検査1の課題文は、2015年までは論説文または随筆が出題されていたので今後も小説になるかは今の段階では何とも言えない。2017年は、武者小路実篤 著「小学生と狐」(約3,000字)。読解問題2問と作文がある。読解問題は本文からの書き抜き型に近い適語補充問題である。作文は「自分を賢くした」体験を50~60字で書く。

[大問2]は、今井むつみ 著「学びとは何か〈探求人になるために〉」(約1500字)。読解の問題では[大問1]のような適語補充は出されず、本文の表現を制限字数内でまとめる形の出題である。作文は、第1段落で筆者が考える「知識」と「学習」を説明し、第2段落で筆者の考えに対する自分の考えを書き、最後に自分が考える「知識」と「学習」について合計200~240字で書く。それぞれの段落に書く「考え」の対象が異なるので、それを踏まえた明確な記述が求められる。   


適性検査Ⅱ

検査2は、理科と社会を中心に出題。

[大問1]は「お琴」を題材に、音楽・理科・算数を絡めた総合問題。

[大問2]は「紙」を題材にした社会科の問題。〔問2〕では「障子・ふすま・和傘・提灯・扇子」に使われている共通する利点を答える問題があった。最近の傾向として畳やこたつの経験がない小学生たち増える中で、日本の伝統的生活空間や文物の共通利点をどう答えるか興味深い。〔大問3〕は「リニアモーターカー」に関する問題。


適性検査Ⅲ

検査3は、理科と算数を中心に構成。

〔大問1〕でドント方式。

〔大問2〕でリサイクルや缶容器など家庭科もからめて出題。

〔大問3〕はフィボナッチ数列に関する問題。「フィボナッチ数列」の解説は十二分にしてあるので無理のない問題となっている。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをお読みいただけます。

若泉 敏
スクールETC代表、森上教育研究所 公立中高一貫校特任研究員
福井県生まれ。私立学校教諭、中学受験専門大手進学塾講師を経て、82 年に「スクール ETC」を開塾。
OECD(経済協力開発機構)の PISA(生徒の学習到達度調査)と公立中高一貫校適性検査問題の関連性を初めて指摘。全国の公立一貫校適性検査問題を類型別に分類し、各メディアから注目を集める。適性検査問題分析の 第1人者として、講演や取材多数。

全国の公立中高一貫教育校と教育委員会を精力的に訪問取材しており、検査問題の分析を通して、公立中高一 貫校の運営や教育行政に改革提言も。
  • ×

PAGETOP