特集先輩の勧める「学習お役立ちグッズ」

その1 「コピー機」

 中学受験に限らず、受験勉強に役立つグッズのナンバー1は、なんといっても「コピー機」だと思います。
 私は中学受験のとき、家に父の仕事に用いる業務用の大型コピー機があり、勉強に徹底的に利用しました。

 テストで誤った問題をコピーして、ノートの左側ページに切り貼りし、右側ページに解法と答えを書きます。あとで、右側を隠して白紙をのせれば、誤った問題のみの自作問題集となります。これは有効でした。同じ誤りを繰り返すことが激減しました。

 また、志望校の過去問を解くときには、解答用紙を実際のサイズに拡大して解くようにしました。解答欄のスペースによって答えの内容を考えなければならない自由記述の問題に対応する有益な方法だったと思います。

 自分の手でていねいに写すことも重要ですが、時と場合によっては、コピー機という文明の利器を活用して、まとめたり内容を整理することは、中学受験という限られた時間しかなく、幅広い知識を要求される勉強では大切だと思います。

 何をコピーすべきか、何が必要ないのか、その判断をするだけでも小学生にとっては有益な学習だと思います。勉強のやる気がおきないことも、しばしばありますが、コピーして切り貼りするだけなら、やってみようという気にもなったりするものです。

 業務用のコピー機は機能が多く用紙サイズも自由で使い勝手はいいのですが、あの大きさでは普通の家庭ではジャマものでしかないでしょう。しかし、最近では、ごく一般的な家庭用PCプリンタにもスキャンやコピー機能を有したものが安価で出回っています。サイズ的にはA4版が最大と限定されるものが多いのですが、サイズ面で不自由な思いをすることは少ないと思います。
 PCプリンタの場合、カラーコピーもできるタイプが主流ですので、これもメリットと思います。操作もきわめて簡単です。拡大・縮小もちょっと教えれば小学生は苦もなくマスターします。
 コストもインク・カートリッジと用紙のみで、コンビニで1枚10円でおコピーするより安いはずです。
 
 このPCプリンタをコピー機として、受験勉強にぜひ活用してみてください。


ページの先頭へ