××
×
貴家 秀樹
アクセス新百合ケ丘校

教室長アンケート

回答者プロフィール
  • 名前貴家秀樹(さすがひでき)
  • 講師歴:31年
  • 勤続年数:18年。(アクセスを立ち上げてから)
  • 塾講師になったきっかけ

      :縁あって前会社社長を紹介されて進学塾に勤めることになりました。

  • 塾講師に向いていると思うか

 :初めは子ども相手に何かを教えることに向いているとは思えなかったです。自分も勉強が得意ではなか   ったものですから。ただ、勉強がうまくいかない子の気持ちはわかる気がしていました。人それぞれ成長時期や興味を持つ時期が違うものですから、教えること以外にも伝えることを大切にして子どもたちや保護者と接しています。受験で終了ではなく、中・高・大学生になっても近況報告や元気な顔を見せに立ち寄ってくれる卒業生を見ると一人一人の成長に関われた立場をうれしく思います。

  • 理想の講師像

:一方通行的な目先の詰め込みを目的とした指導ではなく、子ども一人一人の成長過程や特性を理解した上で先につながる指導をする。

  • 講師をしていて学んだこと

:大人が計り知れない可能性をもっていること。

子ども一人一人の成長する時期に違いがあること。

それを理解し活かすことができるか常に考えて環境を整える必要があること。


中学受験について

1.中学受験は必要なのでしょうか?

貴家先生:高校受験は義務教育の終了過程にあるものなので、高校受験が普通で中学受験は早いという考え方があるのかもしれません。受験というハードルだけの見方であり、目的を持ち目標に向かって努力する経験を積むのに年齢は関係ないと思います。その受験を大学までと考えて6+3+3で臨んでも6+6で臨んでも構わないのではないでしょうか。子ども達を取り巻く環境が変化してきている中、12年の環境や過ごし方、学びを選択できる上で中学受験は必要なものだと思います。



2.なんのために勉強するのでしょうか?

貴家先生:受験をクリアするために知識を修得する勉強も必要なことではありますが、義務としての勉強となってしまい、時に勉強嫌いの意識が生まれてしまいます。自分を高めさせ、自分を磨くために必要な知識や研鑽が考える術を身につけることになる。そのために勉強をして欲しいと思っています。


3.最近の中学受験の動向や変化などは?

貴家先生:大手塾の偏った私学選択による過剰人気校や大学入試改革を見据えた付属校人気は時の流れでもあるが、中学受験全体の午後入試の増加・試験日の前倒し傾向、公立中高一貫校に合わせた適正検査型入試の導入など生徒募集の策が受験生側の併願疲れに繋がっており中学受験に早期決着の一面が生じてきている。建学の精神を持つ私学だからこそできる魅力ある教育環境を求める受験生が幅広く選択できる機会が増えていくようになって欲しい。


4.志望校に合格するために大事なことはなんでしょうか?

貴家先生:「合格したい」という希望を抱いて努力を積み上げていくこと以上の「受かってみせる」という強い意志を持って行動していくこと。それが日々の努力の積み重ねや我慢する力、あきらめない姿勢という精神的な強さをも武器として身につけさせてくれます。


5.中学受験で一番大事なことはなんでしょうか?

貴家先生:まだ成長過程にある12歳の子どもが日々成長しながら準備期間を努力し様々な経験を積み、試練を乗り越えていく中学受験。保護者・塾それぞれの役割バランスを崩さずに子どもを前面にして成長させること。



教育理念・方針について

1.教育理念、目標としていることはなんでしょうか?

貴家先生:単に知識の詰め込みや反復練習、中学受験に対応する解法を学ばせる指導だけでは受験をゴールとした学習となってしまいます。受験合格はもちろんのことですが、学ぶことは高校・大学と、ずっと続いていくものです。中学受験はその過程にすぎず、1人1人に成長時期も違います。だからこそ最初の学習段階で学ぶことの大切さや意味を知り、自ら考える姿勢を身につけられることを追究します。




2.中学受験で問われる力、求められる力はなんでしょうか?

貴家先生:がまん力。耐えるがまんではなく、文章をきちんと最後まで読めるか、問われていることを正しく理解して答えられるか。難しい知識や複雑な思考を求めているのではなく、読み書き計算といった基本という土台をしっかりと身につけているか求められる。


3.それに対して、どのような指導方法を取られていますか。具体的に教えてください。

また、なぜその指導方法にたどり着いたのか教えてください。

貴家先生:書くこと聞くこと中心の一方的な講義授業ではなく、子どもたちに向いて取り組み方を見ながら指導生徒が授業に参加している認識を持たせる対面授業。生徒の個性や成長段階といった学力の後ろ側にある個の部分を理解把握した上で指導しなければ伝えていきたいことも伝わらない。




×

Document request資料請求

各塾のパンフレットなどご請求いただくことができます。
ご請求は下記ボタンをクリックください。

資料請求をする

PAGETOP